不動産売却と瑕疵担保責任

不動産売却と瑕疵担保責任

不動産売買で「瑕疵(かし)」と言う言葉が使われます。
普段使わない言葉なので読み方すらわからないという方も多いと思います。
瑕疵とは、本来備わっている機能が不具合を生じることを意味します。
例えばすでに購入した不動産物件が故意/無意識に関わらず、雨漏りやシロアリ被害等々によって被害を被ったとします。
この場合、売主は買主から家の修復(補修)といった損害賠償を求められます。
これを「瑕疵担保責任」と呼びます。
つまり、売主側の責任を言うのです。
そして瑕疵状態が酷ければ、買主は売主に対して不動産売買契約の解除を求めることもできるのです。
もちろんこうした瑕疵状態は、無意識(不可抗力)かもしれませんが、そこには売買契約…つまり金銭が発生しているので、白黒ハッキリさせる必要があるのです。
瑕疵担保責任には、さまざまな種類があります。
売主はトラブル回避のために、この辺りのルールをよく熟知しておく必要があると思います。